読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨上がりの放物線

究極の三日坊主が居場所を見つけるまでの物語

ライブポーカーで小敗@マカオ

  ライブポーカーに参加しようと思い、マカオに行ってきました。5000hkdチップを握りしめ、Wynn palace の25/50卓に座って二晩打ちました。結果は-1560hkd。二万円ですね泣。上下しながらゆっくりと消費されていった。二日目終わった時は半分くらいかと思ってたが案外残っていた。

  ライブポーカーは初めてで、ルールの面でいろいろ困惑しました。

①ポット、スタックがどれくらいかわかんねぇ

  チップを数えられなきゃ量が全くわからないので時間がかかったり計算が不正確になりました。これは経験値。日本のお遊びとか韓国の安いとこ行って練習しよう。

②レイズの仕方

  レイズ時にチップの出し方がまずかった(一回で押し出さず数回に分けたように見えた?)らしくディーラーにチップ投げ返されて動揺しました。なんか優しい西洋人が英語で教えてくれたので良かったですが。

③ディーラーが中国語

  中国人多いからってずるいだろ!

③皆顔怖え

 怖え。以上

 

オンラインの5nlとの差異

①レートが高い

  当然ですがレートが無茶高い。約140倍。若干緊張したけど、ゲーム脳なんでそこはあんまり気になんなかったかな。それよりも上みたいなルールがわかんないせいで動揺したほうが大きかった。

②リンプが多い

  どういう意図なのかわかりませんが(皆ベットが怖いのか?)リンプ参加が多い。オンラインなら間髪入れずにスクイーズが入るところも案外そのままフロップにいったりする。

③ブラフはほぼ無い

  特にクソ手でのピュアブラフなんて僕の卓には無かったです。皆リバーではショウダウンしたいあまりに大きなレイズにもコールしちゃうんですけど、大きなレイズは大体モンスターハンドです。

  ブラフで降ろす人はおらず、手の強さを比べましょうというゲームでした。オンラインよりショウダウン率高めでしたね。

 

  マカオは上級者向けと聞いてたのですっからかんになるまで調べようと思ったんですが案外残ってびっくりでした。

  出費はやばいので日本とか韓国で修行してからまた行きたいな。カジノだらけの華やかな街だった。でもバニーガールいなくて残念だったな。